スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院29日目(退院日が決まる)

3月3日(木)
3月3日の血液の検査の結果。
白血球  1700(3/3)ー2100(2/28)ー700(2/25)
好中球   560ー1170ー240
赤血球  289ー279ー306
ヘモグロビン  9.5ー9.2ー10.0
血小板   5.0ー2.9ー1.7

一昨日に血小板の輸血をした。5.0という数字は,その輸血によって上昇したのか、造血幹細胞が活性化し血小板が産生能力を回復したのかその判断をしなければならない。または白血球や好中球が今回下がったが、これは昨日までG-CSFを点滴していたが、それを中止したため下がったものと思われる。

つまり血小板や白血球が薬や輸血の力を借りないで、どこまで自力で作り出すことができるかが退院できるかどうかのめどとなる。月曜日に採血して、血小板や白血球がそれなりの数値を示せば、水曜日には退院出来る.造血幹細胞が十分な働きをしてくれることを期待する他ない。

医療情報・相談室「こまどり」の部屋の中央に、雛人形が全セット揃って飾ってあった。吉徳大光のかなり高級そうなセットである。能楽鶴亀雛、17人揃い5段飾りである。誰か病院に世話になった人が寄付したのだろうか。あまり出入りの激しい所ではないので、見る人は限られるが、こういった季節を象徴する雛人形が飾られていると、季節から遠くへだった病院に一陣の春の風を感じるようだ。

雛人形005_convert_20110304154601 「こまどり」の雛人形

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

G-CSFは効きますね。
同室の人がこれを注射して白血球が15000になったと言っていました。でもやめたとたんにがくっと下がって、がっかりしていました。

No title

ともかくG-CSF に頼らないで、白血球が上がらないと退院できないので、長い間世話になって大分機能低下に陥っているでしょうが、造血幹細胞にはもう一踏ん張り頑張ってもらいたいものです。
プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。