スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院33日目(水曜日の退院は可能か)

3月7日(月)
全く気がつかなかった。看護師に言われて外を見てみると雪がしんしんと降り積もってきている。昨日は15度という春らしい穏やかな天気だった。それが打って変わって真冬に逆戻りだ。天気予報では12時の気温が2度となっている。こんなに気温差が激しいと、外にいる人は自己の生活管理によっぽど気つけないと体調を崩してしまうだろう。

雪景色002_convert_20110307161046 病室の窓からの雪の様子

3月7日の血液検査の結果。

白血球   2200(3/7)ー1700(3/3)ー2100(2/28)
好中球   610ー560ー1170
赤血球  274ー289ー278
ヘモグロビン   9.0ー9.5ー9.2
血小板   3・8ー5.0ー2.9
CRP定量  1.4ー0.1ー0.81

担当医は今日は午後不在である。上記の結果を見てどう判断するのか。退院を許可するかどうか。好中球は610と少なめであるが自力での上昇傾向にあるのは確かだ。血小板の数値は何もしないでそのままにして置く最低の数値だろう。出来れば水曜日にもう一度血液検査をして、白血球と血小板が上昇しているか、確認してから退院したいものだ。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yosimine

Author:yosimine
がん治療とは長く細い道を辿ら
なければならない。その先に希
望があると信じながら。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。